LoveSweets na NONOKO♪

フェイクスイーツの作品制作中心に活動中のNONOKOです♪ 

2012年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年01月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

あなたの思い出せる一番古い記憶は何ですか?


あなたの思い出せる一番古い記憶は何ですか?


メリークリスマス第2弾の記事はこれ ↑ 





今時の子供はお母さんのお腹にいた頃の事まで覚えている子も結構たくさんいるそうな・・・・


そんな私の一番古い…幼い頃の記憶は多分2歳か3歳か…幼稚園にはまだ遠い頃(引越しする前の家の記憶なので多分この年齢かと思う)


その記憶はクリスマスの朝。

朝起きると ちゃぶ台を前におかーやんとおばーやんが座ってお茶をすすっています。

『あら、おはよう』とおかーやん

『誰かきた??誰かきたの??』←これは別にサンタさんが来たのか聞いたわけではなくちゃぶ台にお茶が3個あったから。

おかーやんの分とおばーやんの分…あと1つは?…


『サンタさんがお茶飲んで今帰ったところだよ~、』(まるで起きるのが一寸遅かったわね~、残念!的な言い方のおかーやん)

『え~~~っっ、サンタさん会いたい会いたい~~~~っっ!!』(そりゃごねるに決まってます。子供なんだから。)

『ほらほら見てごらん!枕のとこにプレゼント!』(私はかなり泣き虫だったため泣く前に気を逸らさねば!!的なおかーやん。)



振り向くと 白いタイツにガッツリと【こじかのバンビ】の絵本が入っていました。

そういえば今時真白いタイツを履かされている子供もあまりいませんな(^^;)


それはそれは嬉しくってサンタさんの事なんぞすぐ忘れちゃったのを今でも鮮明に覚えています。


それほどサンタさんからのプレゼント物語は子供にとって記憶に残るものですね。


他にもクリスマス・サンタさんに纏わるお話はありますが今年はこれにて!!





スポンサーサイト

| 日常生活で | 22:39 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。